Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-158

彼ははっきりと、色界と無色界の梵天が、

最長8万4000大劫の天寿を享受した後、

やはり無常の自然原則から逃れることが

できなくて、無数の生老病死の輪廻の

苦海に落ちるのを、見ることができる。

これは、まるで、健康で力の強い鳥が、

遥かかなたの天の端まで飛んで行った

としても、結局は力の尽きる時がある

こと、または、神の如くに力のある人

が天空に射た弓が、最後にはやはり地に

落ちてくるのと同じある。

このように、衆生の苦しみをはっきりと

見て取った後、菩薩の内心には恐怖感が

起こり、31界の衆生に対して、全くの

分別心なく、慈悲を散布する。

菩薩は、絶え間ない身口意の最高の善に

より、もろもろの波羅蜜を円満成就し、

恒心をもって徹底的に奮闘し、すべての

波羅蜜が最高の境地に到達するようにする。

次に、彼を仏果(すなわち、不可思議、

無上、無辺、無汚染と諸々の清浄、

美徳の蔵)に連れて行く精進力には、

不可思議な力がある。

ふつうの凡人は、菩薩の精進力を聞くのも

怖いものだが、自ら実践するとなると、

まったくもって、困難である。

彼が精進波羅蜜の勤勇(parakkama、

前進力)を成就した後、その後にある忍辱、

真実(+語)などの諸々の波羅蜜、

およびその以前にあった布施、持戒などの

諸々の波羅蜜もまた、諸々の波羅蜜を

修習する精進力によって、円満成就する。

故に、忍辱とその他の波羅蜜の修習に

ついて、このように理解するべきである。

このように、種々の方法でもって、布施を

して衆生を利益し、衆生に安楽を齎すのは、

布施波羅蜜の修習の方法である。

衆生の生命、財物と家庭を破壊しないで、

保護する;離間しない;愛語を述べる;

有益な話をする(つまらない話をしない)

などは、持戒波羅蜜を修習する方法である。

同様に、衆生が布施する四つの資具(cattāro paccaya、すなわち、袈裟、食物、住居と薬)

を受け取る事、法の布施などの善法を行うことは、出離波羅蜜の修習である。

方法善巧智を具備して、衆生に利益と幸福

を提供するのは、智慧波羅蜜の修習である。

この善巧を熱心に実践して、いろいろな

困難にもくじけないのは、精進波羅蜜の

修習である。

忍耐力をもって、衆生の己への難題に

耐えるのは、忍辱波羅蜜の修習である。

偽りなく、衆生を支援する約束を守るの

は真実波羅蜜の修習でる。

衆生に奉仕しているときにでさえも、

己を損することがあっても、不動揺の

決心をするは、決意波羅蜜の修習である。

何度も何度も、衆生の利益と安楽を

思い願うのは、慈波羅蜜の修習である。

他人に助けてもらったり、または困難な

時に、動揺しないことは、捨波羅蜜の

修習である。

このように、菩薩は無上の善業と智慧を

蓄積することに尽力するが、これは、

普通の余人とは異なるところである。

彼は、無辺なる衆生のために、徹底的に

細心に、上記の諸々の波羅蜜の条件を

修習する。

簡単に言えば、この種々の修行は、

「成就波羅蜜」を修習しているのだ、

と言える。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>