Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー14

ここで討論する「自我」と「無我」は、

前のページで述べた第三番目、すなわち、

哲学的な問題に相当し、また、一部分に

おいては、第四番目の神秘体験に属する。

それが哲学的な問題だというのは、それが

純理論に属するがゆえであり、人類と動物

は虚妄であり、真実の「自我」というのは

ないと言い、かつ、事物は自然に、

その他の事物から組成されている、

と言っている。

それ(=哲学)は、我々に、これらの実体を

どのようにして分析するのかを教えてくれ、

それ(=事物、物質)を最も小さい組成分子

に還元し、この組成分子がすべての事物を

構成していると言い、それは、事物が

どこからやってきて、どのように成長し、

どのように変化し、そして、なぜこのように

変化するのかを、教えてくれる。

それは、第四番目の神秘体験と関係がある。

というのも、それの重要性、すなわち、

「無我」の意味が涅槃ーー一種の永恒、

平静と安楽の境地を含むからである。

この種の境地は、すべての宗教の共通の

目標ではあるが、しかし、各々(+の主張)

に差異がある。

ある種の宗教は、「自我」を擁すること

自体が、永恒で安楽な状態であり、

その「自我」とは「大我」であり、

「世界的な自我」であり、「上帝

(=天帝またはキリストの神、ヤーウェ)

の自我」である、という。

しかし、仏教はすべての、この種の「自我」

を否定して、これらのものは存在は

するけれども、しかし、それらは「自我」

ではない、という。

というのも、それらの何種類かは幻影であり、

その他の、幻影でないものも、ただ「法」

または「自然」でしか過ぎないもので

あるから(+だと言う)。

それらは、執着されるべきものではなく、

また、「自我」と誤認されるべきでない。

というのも、それらは、我々の心智に

絡みついて、微細に、知らず知らずの

うちに、我々を苦しめ、我々をして永遠に

それに執着するように仕向けるから。

以上が、「無我」の理論が、いかに精密で

奥深いか、それが如何に重要か、そして、

なぜそれが、仏教の核心的教義になって

いるのか、という説明である。

もし、我々に「無我」を透視する能力が

あったならば、広範に、かつ徹底的に、

事物の真理を見極めることができる。

それが色彩を帯びるものであっても、

無形のもの、世俗のもの、または世俗を

超越したものであっても、我々は、

世間には、尋常でないもの(=不思議な

事物)など存在しないことが明白になり、

世事に執着する必要も、(+必要以上に)

夢中になる必要もないことがわかる。

我々は、どのような事物からも、その

影響を受けて、右往左往する必要は

ないのである。

言いかえれば、もし、我々の目的が、

精神の指標になるものがないかどうか、

探しているのであれば、かつそれが、

我々を真正の解脱へと導いてくれる

哲学的概念であればよいのにと願って

いるのであれば、我々は、「無我」

哲学を発見することになるであろう。

まさに、この精神的指標が、我々をして

完全なる解脱の目標に到達させてくれる

のである。

本書の最後には、「無我」の哲学は如

にして人々を解脱させえるのか、

を説明するが、その前に、私は「無我」

とは何か?の説明をしなければならない。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>までご協力、よろしくお願いいたします。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>