Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー22

故に、我執は、人々の最も根深い本質、

抜き差しならない本性と化し、かつ、

人々の心・身を主宰(=コントロール)し、

心・身は、「自我」の思考と感覚の統御を

受けることとなった。

このことは、なぜ、心霊が自然に事物を

感じ取れるのか、という疑問の回答でもあり、

れはすべて有為法の範囲であり、

(+人々は)これまで一度も「幕の後ろ」

にある無為法について、探求したことがない。

これは、また、無為法の話が、なぜ人々に

とって、理解しがたいものになるのか、

という答えでもあり、心・身は「自我」では

ないという言い方が、人々が受け入れられる

のも、前述の通り、人々は、事の半分しか

理解できていないから、でもある。

このことから、我々は以下の事を知ることが

できる。

仏陀は、いかなる事物の中にも「自我」は

ないと言ったけれども、しかし、彼は決して

功徳や罪悪の存在を否定しなかった。

功徳や罪悪などは、ただ心・身のみに

よって組成されている個体が行った行為に

すぎず、肉体的な個体に関して言えば、

それらの活動は、ただの反作用にすぎず、

(+本来は)功徳や罪悪などというものは、

ない。

肉体と心霊が「自我」ではない事から、

功徳や罪悪も、またそれらと同様に、

「自我」はない。

もし、我々が、肉体と心霊に「自我」がない

ことを理解したならば、それらの功徳または

罪悪もまた、「自我」ではないことが、

即刻、了解される。

生、老、病、死、徳の修習、犯罪、善行、

悪をなす事などは、皆「無我」である

ことを、しっかりと、覚えておいて

いただきたい。

一人の人間が、「幕の後ろ」のものに

ついて、全くの無知であって、ただ

「幕の前」のものについてしか知らない時、

彼は己を、「自我」を有する人であると

見做す。

彼は罪悪を恐れ、功徳を修しようと欲するが、

このことを通して、彼の「自我」

(かれが執着しているもの)に幸福、

安楽と快適さを齎そうとするのでる。

このことは、(+人々にとって)一つの

避けられない事実であるが、それは、

ちょうど一人の人間が、自己を「自我」と

みなさないではいられないのと同類の

(+精神的構造、出来事)なのである。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>