Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー27

この派の観点では、行為または顕現した

事象以外、いかなるものも存在しない、

ということになる。

たとえば、動物を殺す事は、ただ単に

動物に刃物が突き刺さるだけであり、

動物が傷つき、または死亡しても、ただ

それだけの行為であり、比較的重い後果

(=のちの結果)としても、その動物の

肉を食物として食するだけであって、

しかし、どのようにしても、功徳はないし、

罪悪もない、という。

これは「無作見」(行為無効論)といい、

功徳の存在も、罪悪の存在も、否定する。

今日に至っても、この種の観点を保持

している人はいる。

たとえば、ある種の科学者は、物質の面

からしか物事を見ないで、かつ、宗教は

時代遅れだ、などと言っている。

彼らは多分知らないのであろ。

この種の観点は、すでに仏陀の時代には

存在していて、長らく仏法と対抗して

いたことを。

この種の観点は、「無我」を主張し、仏教

同じく「自我」を否定するが、すべての

事物は、完全にただの一個の物体、自然なる

個体であると言い、どのような人間で

あっても、いわゆる「自我」が善を行ったり、

悪をなしたりすることはない、と言う。

仏法と比べてみると、これは一つの極端な

観点である。

というのも、なおも「自我」に執着する人が

具有する功徳と罪業を否定するけれども、

この種の観点は、表面的には「自我」を

取り除いたように見えるだけなのである。

しかしながら、依然として、相当多くの

人々が、この種の観点を受け入れており、

その結果、富蘭那迦葉を著名な大師に

押し上げることとなった。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>