wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー36

[尼乾陀若提子ーー罪業を取り除いて

永恒の「自我(ママ、以下同様)」を証悟する]

尼乾陀若提子(Nigaṇṭhanāṭaputta)の観点

は、パーリ経典《沙門果経》の中において、

下記のように記されている:

束縛から解脱した人になりたいのであれば、

最終的に四つの階位に到達できるよう、

努力しなくてはならない。

すなわち、罪業を防御するための「法」に

よって罪業を防御し、罪業から解脱できる

「法」を実践し、罪業を取り除くことが

できる「法」によって罪業を取り除き、

罪業を取り除くことのできる「法」に

よって、荘厳で崇高な生命の頂点に到達する。

人がこれらの実践ができたとき、彼は

「自我」を証悟し、修行を円満成就し、

永恒と不朽を獲得したと、認定される。

最初の始まりから現在に至るまで、この

観点は、仏教と相互に対抗し続けた。

もし我々が、歴史と関係のある書物を読めば、

または中立的な、偏見のない歴史的観点から

みたならば、しかも、ただ論・釈関連の

仏教書を読むだけでないならば、我々は、

この学説の信徒は、仏教と同じくらい多い、

いや、仏教より尚、多いことを発見する。

仏陀の時代、国王などの高級階層の人士は、

この二種類の宗教学説に対して、同様に

尊び崇めた。

我々(+仏教徒)自身の論・釈は、故意に

また過度に、その他の宗教学説を軽視する

傾向があるが、しかし、あるところ(+の

書籍の上)では、この異端の学説を、

いくつかの都市、村落においては、仏教より

さらに多くの弟子と信徒がいたことを認め、

そのように指摘・解説している。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。

よろしくお願いいたします。

訳者コメント:Nigaṇṭhanāṭaputtaは、

ジャイナ教の教祖である。ジャイナ教

は戒を厳しく守り、偸盗をしないので、

銀行の経営、また宝石商が多い(預けた

宝石を持ち逃げしたりしないから、とか。

不殺生戒を守るため、農業には従事しない)。

仏教はインドで滅びたが、ジャイナ教

裸体派と白衣派に分かれつつも、教理の

違いはなく、今なおインドで健在である。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>