wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー39★

P.Carus が、彼の著書《仏陀伝》

(Biography of the Buddha)の中で、

仏陀は、仏になる前、多くの苦行者と

弁論した、と書いている。

 

(+その趣旨は以下の通り)。

衆生は、我執を取り除いていないが故に、

束縛を受ける。

一人の人間の観念の中で、一つの物体と

それに内在する性質は、別々のものだと

思われている。たとえば、一般の人々は、

「熱」と「火」は異なるものだと考えるが、

実際は、我々は、「熱」を「火」から

分離させることはできない。

今、あなたが、物体とその性質を分離させて、

物体がまったく何等の性質を持たずに、

ただそれだけで、単独で存在できると言う。

もし、あなたが、この理論を完全に正しい

考えるならば、少し後になって、事実は、

あなたが理解したようではない、または

あなたが堅持しているようなものではない、

ということが発見される。

我々は、智者が言う所の、これらの「蘊」等、

異なる元素の組み合わせで出来上がって

いるのではなかったか?

我々は、色、受、想、行及び識という五蘊

によって成り立っていて、これらの「蘊」が

共同して「我々」を成り立たせている。

我々が「我々はこういうものである」または

「我々はああいうものである」と言うとき、

やはりこれらの集合体を指しているので

あり、「我々」とは、これらの集合体で

出来上がっているのである。

いわゆる「自我」とは、ただ単に我々の

考え方に過ぎない。

単独に、ただそれだけで個体が存在して

いると信じているすべての人々は、物事に

対して、確な見方ができていない

(+と言える)。

「自我」を熱狂的に探し求めるのは間違い

である。それは間違った目標であり、

起点でもある。

というのも、それらは、真実の事実に

基づいてはおらず、ただあなたを間違った

道へと導くだけである。

・・・あなたの「自我」という理念は、

理論と真実の間にあるもので、故に、

あなたは真理を見つけることができない。

ただこの概念を放棄したときにだけ、

如実に事物の本来の面目を見る事が

できる。・・・

・・・さらに一歩進んで述べるならば、

もしあなたが、己はすでに解脱に到達した

自認したとしても、あなたの「自我」は

依然としてそこにあり、その上、それで

もって、自己の個体を覚知しているのならば、

真正の解脱には、どうやって到達すれば

よいのであろうか?・・・≫

 

前述の、二人の苦行者が浄化した個体

(=個人)と、苦痛を取り除いた境地を

もって「自我」とするのは、苦痛から

解脱したいと願う人々が探し求める

目標である。

この二人の苦行者の観点を紹介した後、

私は、他の何人かの類似した観念を

紹介しようと考えていたが、

重複を避けるために、今は話すのを

控えることにする。

しかし、私は、もう一つ別の観念について

説明したいと思う。

これは最後の一種類で、《奥義書》の

ヴェーダンタ哲学思想である。

仏陀の時代における、この教派の実際の

状況について、仏典では特に記載は

されていないけれど、しかし、歴史的観点

から言えば、それは仏陀の以前からすでに

存在していたと、推測することができる。

私は、何人かのヴェーダンタ哲学の学者に、

関連する思想についての観点を学んだが、

彼らは私に親切丁寧に説明をしてくれた。

私も、この方面の学説と書籍を閲読した。

私の知るところによると、ヴェーダンタ哲学

の観点は、おおむね以下の通りである。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

訳者コメント:(1)ヴェーダンタは、

また、ヴェーダーンタとも表記されますが、

今回は、初出の通り、ヴェーダンタで

統一します。

(2)原文中に出てくる「自我」は、

日本の方には「真我」と訳した方が

よいかと思われる場合も散見しますが、

タイ語から中国語へ翻訳した翻訳グループ

が「自我」で通しているので、私も

「自我」で統一し、必要に応じて

(ママ)>を付加します。

ご了解下さい。

(3)下線は訳者。ヴェーダンタについて、

仏典で記載がない?って。初めて知りました、

私、仏典すべてを学んだわけではない

ので・・・う~~ん、なぜでしょうか?

既に存在した教派なら、なんらか言及して

いてもよさそうですが。謎。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>