wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー61

仏陀は続けて言う:

吉達!

「自我(ママ、以下同様)」の形式もまた、同じである。

どのような時刻においても、粗い肉体におけ

る「自我」を得たとき、心霊の元素によって

造られた「自我」と、意識によって造られた

「自我」は、得ることができない;

心霊の元素によって造られた「自我」を

得るとき、粗い肉体の「自我」と、意識に

よって造られた「自我」は、

得ることができない;

意識によって造られた「自我」を得るとき、

粗い肉体の「自我」と、心霊の元素によって

造られた「自我」は、得ることができない。

吉達!

これはまさに、新鮮な牛乳が牝牛から来る

ように、凝乳は新鮮な牛乳から来るように、

バターは凝乳から来るように、凍乳は乳酥

から来るようなものである。

それが新鮮な牛乳であったとき、それを凝乳、

バター、乳酥と呼ぶ人はいない;

そして、それが凝乳になった時、それを牛乳、

バター、または別の名称で呼ぶ人はいない。

執着された「自我」もこの通りであって、

一人の人間が、肉体の「自我」に執着する時、

心霊の元素によって造られた、または意識

によって造られた「自我」を「自我」とは

認めない;

一人の人間が、心霊の元素によって造られた

「自我」に執着する時、粗い肉体によって

造られた「自我」と、意識によって造られた

「自我」を「自我」とは認めない;

一人の人間が、意識によって造られた「自我」

に執着する時、粗い肉体によって造られた

「自我」と、心霊の元素によって造られた

「自我」を「自我」とは、認めない。

吉達!

これら「自我」に関する名詞は、世俗の言語

と世俗の定義によっており、世俗的な言語の

中の、世俗的な名詞として取り扱われている。

如来もまた、俗にしたがってそれらを

使用するが、如来は決して、それらに執着

したことはない。

最後に、布咤婆楼と吉達は、今回の説法は、

人をして非常に喜ばせたと讃嘆し、それは

まるで、転覆した船を元に戻すかの如くであり;覆い隠された物を明るみに出すようであり;

絶望して道に迷っている人に道を指し示すよう

であり;

暗闇に灯を点して、視力が正常な人にはっきり

とものが見える様にするかのようである(+と言った。)

布咤婆楼は流浪する遊行者から、仏陀の在家

信者になり、吉達は出家を願い出て、

落飾して僧となる許可を得、程なくして

阿羅漢果を証悟した。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

ブッダダーサ尊者「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>