wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

ブッダダーサ尊者「無我」著(翻訳文)ー64

(五)最後に、我々は、「自我」の特殊な定義

を知らなければならない。

それは、ただ、世の中の人々が、「自我」と

(+いう一種)の身分として執着するところの

一個の名詞にしかすぎず、故に「自我」は

決して、出世間の境地で認められるもの

ではない。

ただ、それを取り除くべきだと論談する時、

ということは、人が、それに対する誤解を

取り除くべき時にのみ、認められるもので

ある。

故に、それは、ただの幻想または幻相の

代名詞であり、人がそれに執着する時にのみ、

それは存在する;

執着しない時、それは自然に消滅する。

それはたとえば、人が夢を見るとき、

夢の中の映像は、夢の中にだけ存在するのに

似て、人々が「自我」に執着するときにだけ、

それは存在する。

世俗的な名称、言語、表現方式及び定義は、

無知と感覚に先導されて会話をする凡夫が

使う、四種類の語法であり、もし、我々が

世俗的な言語でもって、涅槃を

説明しようとし、かつ涅槃を「自我」と

認定したいのであれば、我々はそうしても

よいかも知れないが、それは、子供を指導する

時と、なおも「自我」を擁したいと欲する人に

限るべきであるーーこれは一般的な世の人々の

傾向であるから(+そうするのも、やむを

得ないかも知れない)。

しかしながら、一般的に言って、このように

は、してはならない。

というのも、実際には、このようにすること

は、決して益するところを齎さないから

である。一人の人間が、心の中で「自我」に

執着する時、または執着しそうなとき、

それがほんの少しであったとしても、彼には、

涅槃を知る方法がなくなってしまう。

というのも、涅槃とは、ただただ「自我」

への執着を完全に取り除いた時にのみ、

証悟されるからである。

故に、一人の子供、または一人の大人が、

騙されて涅槃とは「自我」のことだと

思いなしたとして、かつまたそれでもなお、

真正の涅槃を知り、かつ、それを「自我」

だと言って執着することについて、我々は

決して信を置くことができないのである。

もし、彼らが、何ものかに執着すると言う

ならば、それは絶対に、無明の類の煩悩から

生じており、故に彼らは、それを捨て去る

ことによってしか、仏陀の言う涅槃に

到達することはできない(というべきある)。

(+仏陀の提唱する)この種の涅槃は、その他

の宗派の涅槃とは異なっている。というのも、

の他の宗派の涅槃は、心の中に些かの

「自我」が残ることを、許しているからである。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>