wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー65★

「自我」とはただ人々の無明の妄執に

すぎない

ここで再度の総括をしておく:

仏陀が常々言及する所の「自我(ママ、以下同様)

は、ただ無知なる人々が、自然(=知らず

知らずのうちに)に、「自我」として執着

しているだけのモノである。

前述したとおり、正確な言語で説明するなら

ば、それは、人々が常々執着する、三種類の

形式で出現する。

「自我」または「自我」とみなされるモノは、

世の中の人々が、その無明によって執着して

いるモノであり、それが、比較的高度なレベル

において出現しようとも、または比較的低級な

レベルにおいて出現しようとも、すべて無明で

あることには、変わりがない。

こうしたことから、「自我」の特徴を確定する

のは難しい。

というのも、それは、どのような人間が、

どのようなモノを「自我」とみなすかに

よるからである。

ただし、それへの呼び方が(+それぞれに)

異なるとしても、一つの共通の特性があるーー

無明が執着を造る基礎である、ということで

ある。

この意味は、「自我」と称されるモノは通常、

執着する者の知識水準によって変化するため、

一人一人異なり、時間ごとに、異なるという

とである。

これはまさに、牛乳の派生物または牝牛の

作り出す栄養豊かな美味なる食品に似て、

ある時には牛乳と呼び、別のある時には

凝乳、バター、乳酥または凍乳と言い、

結局の所、牛乳の派生物の意味・内実は、因

と縁の条件に基づいているだけであって、

それは自然的に形成され、かつ持続的に

変化する、種々の元素でしかないのである。

化学は、それらが何の元素でできているか、

及び、どのような変化を引き起こすのかを

解釈するのが、非常に得意であるが、

しかしながら、我々は、それらを牛乳の

派生物またはある種の特殊な奇妙なモノだと

見做さない方がよい。

以上、仏陀が述べた「自我」に関する特徴を

分に説明したので、我々は、仏陀がこの

名詞を使うとき(たとえば、仏陀は:

「『自我』は『自我』の拠り所である」と

言ったりする)、実際には、人々との交流の

ために、世俗の言語を借用しているのであり、(+彼は)この名詞を使う人はどんな人間で

あるのかに、執着することはない。

このことから、我々は、世の人々が執着する

所の「自我」とはどういう意味であるか、

を理解することができた。

しかし、もう一つ別のレベルの「自我」が

ある。ある種の人々は、超凡なる「自我」が

在すると執着しているわけだが、これは一種

の清浄で、かつ究極的な智慧で、それは

前述した三種類の形式の「自我」をす

べて取り除いた時に発生するか、または、

禅の修習において、この三種類の「自我」が

徐々に消滅した時の境地の中に、発生する。

(+ )(= )訳者。句読点原文ママ

(つづく)

訳者コメント:「自我は自我の拠り所で

ある」は、中村元先生は、「己を己の拠り所

として」と訳されていると記憶しています。

上記訳文では、<原文まま>としました。

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>