wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー72★

(一)ソレ(「自我(ママ、以下同様)」を指す)は

無生で、無滅、また不存在であり、不出生で

ある;ソレは、無生で、恒常で、永存して

おり、己自らで具足しており、肉体が切り刻

まれても、ソレは害を受けない。

(第二章、第20詩節)。

(二)武器をもってしても、ソレを切り刻む

ことはできず、火もソレを焼くことは

できない;水はソレを濡らすことはできず、

風もまたソレを吹き乾かすことはできない。

(第二章、第23詩節)

(三)ソレは、切り刻むことはできず、ソレは

火を恐れず、水を通さず、風で乾かすことも

できない;ソレは永恒で、全能で、移動しない

もので(原文=不可移動)(訳者注)、恒常不変で、

かつ、永久に存在するものである。

(第二章、第24詩節)

(四)ソレは、形象がなく、想像することが

できないし、改変することもできない。

ゆえに、ソレを認識したならば、あなたは

永遠に遺憾(=残念に思う事)がない。

(五)ソレはすべての事物の中に存在し、

かつ破壊することができない、誰も、この永久

隕滅(=墜落して滅する事)することのない

物質を破壊することはできない。

(第二章、第17詩節)

(六)我々の霊魂(ママ、以下同様)が肉体の中に存在

して、子供から青年になり、青年から老人に

なるように、「自我」はこの身体から別の

身体へと、身体を交換する。

(第二章、第13詩節)

(七)一人の人が、敗れた服を脱ぎ棄てて、

別の新しい服を手に取るように、この

「化身(ママ、以下同様)」は同じく、損壊した躯体を

捨て去り、新しい躯体に入る。

(第二章、第22詩節)。

(八)この個体が、殺人を犯せるとか、または

殺されるとかと思う、二種類の人間は、皆、

無知なのである。事実は、ソレは殺人も

できないし、殺されることもない。

(第二章、第19詩節)

(九)ソレは、すべての生物を創造し、かつ

あらゆる生命の中に存在するが故に、己の任務

を完成させる、という行為を通して、ソレを

崇拝する人々は、完全なる美を獲得すること

ができる。(第十八章、第46詩節)

(十)すでに「自我」を(低レベルか、または

俗世に)降服させた人は、寒さ、暑さ、

悲しみ、嬉しさ、栄誉または屈辱の中に

おいて、彼の「自我」は(+いつでも)同質で

る。(第六章、第7詩節)

(十一)世俗の目から見て、もし、あなたが、

ソレが継続しながら不断に生滅していると

思えたとしても、ソレのために悲しんでは

ならない。

(第二章、第26詩節)

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

(つづく)

訳者コメント:

上記詩文の、中国語からの翻訳は、恣意的な

意訳を避けて、なるべく直訳としました。

日本語として生硬な部分が気になる方は、

正本をご確認ください。

訳者注:訳文中の下線不可移動の<不可>

は、することができない&してはいけないの

両義があり、しかし、どちらをとっても

しっくりこないので、上記の意訳としました。

正確を期す方は、正本をご確認ください。

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>