wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~169-3

その後、あなたは、更に一歩進んで、真正な

観禅に取り組んで、名色及びそれらの因と縁が

無常・苦・無我であることを照見する。

このように修行する時、あなたは、暫定的に

煩悩を取り除くことができるが、これは

世間的な滅諦である。

観禅の心と同時に生起する心所の中、智慧

心所はすなわち正見である;

尋心所は正思惟であり;

精進心所は正精進であり;

念心所は、正念であり;

一境性心所は、まさに正定である。

また、禅の修習の時、あなたは、持戒が清浄

でなくてはならず、そうであるためには、

あなたは正語、正業と正命を具備しなければ

ならない。

あなたの修行が、生滅随観智のレベルまで

来たとき、(+あなたはあなたの)未来に

おいて、(+あなたが)阿羅漢果及び般涅槃を

証悟する状況を、見ることができる。

たとえば、あなたは、次の世で、20歳の時に

阿羅漢果を証悟するのを見るかもしれないし、

60歳で般涅槃を証悟するのを見るかも

しれない。

このように、あなたは、あなたが、20歳の時に

阿羅漢果を証悟するのを見たとき、すべての

煩悩は滅尽するのが見えるし、かつ、60歳で

般涅槃に入る時、すべての名色もまた滅尽

するのを見ることができる。

この種の滅尽もまた、世俗的な滅諦である。

あなたが、涅槃を対象とする道智を聖悟した

時、八聖道分のすべては、皆道心の中にあり:

涅槃を証悟するのは正見であり;

心を涅槃に投入するのは正思惟であり;

涅槃を憶念するのは正念であり;

涅槃の証悟に努力するのは正精進であり;

一心に涅槃に専注するのは正定である;

正語、正業、正命の三項の聖道分は、

それぞれ持戒の作用を有し、聖者は夢の中に

おいてさえ、五戒の内の一つでも、犯すことは

ない。これらは、出世間の八聖道分である。

須陀洹道を聖悟した後、最も多くても七回生死

すれば、最後の解脱を証悟することができる。

これが、出世間八聖道の利益である;

世間八聖道分の利益とはそれが、出世間

八聖道分の証悟へと、導くことにある。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

(問1-4につづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>