wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-175

問1-10:禅師、以下の質問にご回答をお願い

します:

1、禅師の教える業処の内、断食法と禅の修行

の組み合わせ、というものはありますか?

2、断食は禅の修行に利益がありますか?

不利益がありますか?

3、上座部の経典の中で、仏陀の声聞弟子が

食で道果を聖悟したという記載はありますか?

4、ある一人の法師が、現在断食中です。

彼女は今回のリトリート中、ずっと断食する

予定だそうです。しかし、このような、長期の

断食が心身に及ぼす影響は、どのようなもの

でしょうか?

答1-10:仏陀が成道した後に開示した第一番目

の経の中に、仏陀は、二つの極端がある、と

言った:

一つは、感官の享楽に迷い浸ること、もう一つ

は自己を苛む苦行である。これは二つの間違っ

た道である。感官の享楽に迷い浸る事は、涅槃

を証悟する道ではなく、これは一つの下賤な

行為であり、kāmasukha[llikanuyoga(欲楽へ

の沈迷)という。

この種の行為は下賤であり、村人の行為であ

り、凡夫の行為であり、聖者の行為ではなく、

真実の利益は、ない。

次に、心中の煩悩の生起から逃れるために、

各種の方法に依って、己を苛む事、たとえば、

炎の前に身体をさらす、強烈な太陽に光を浴

びる、長く手を挙げたままにする等など、

これらもまた、涅槃への道ではない。

これは、もう一つ別の下賤な行為で、attakilamathanuyoga(自虐的苦行)という。

この種の行為も真実の利益はなく、断食は、

この種の行為に属していて、仏陀が称賛した

行為では、決して、ない。

仏陀は常に、我々に対して、中道を修行する

ように言っている。

上述の二つの極端に偏ってはならない。

律蔵の中で、仏陀は一つの戒を設けた:

比丘、比丘尼は、鉢食をとる時、その正確な

目的を如実に省察しなければならない:

「私がこれらの食べ物をとるのは、子供が

それで遊ぶためというようなことでなく;

身体の強壮の強化に執着してるからでなく;

身体の美観のためでなく;

光り輝く皮膚の為でもない。

私がこれらの食べ物をとるのは、ただ身体の

活力を維持するためであり;

飢餓の苦悩を避けるためであり;

梵行の修行の助けとするためでる。」

これが、あなたが食べ物に対して持つべき

正しい態度である。

仏陀もこのような態度を保持していた。

仏陀が開悟して果を証悟する前、彼は6年間

苦行を修行したが、そのうちの一つは、

毎日一粒の米しか食さない、というもので

あった。

その後、彼は、これは利益の無い事であると

理解し、故に、彼は苦行を放棄し、正常に

食べ物をとるようになり、そのことによって、

体力を回復させた。

感官の享楽を捨て去る事と、無益な苦行という

この二つの極端を捨て去った後、彼は中道を

修行し、間もなく円満なる正覚を悟ったので

ある。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>