wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

「修心与神通」(翻訳文)~7-1

6、どのように修行して定に入るのか?

世尊は言う:

「謂如所縁、作種種作、而入於定」

ここで言うと所の所縁とは、浄土宗において「阿弥陀仏」の仏号を念じ続けて、念ぜずといえども念ず、念ずといえども念ぜす、という境地、道家では「竅を守る」というレベル、密教の呪と観想、禅宗の参話頭などなど、みなそうである。

唯識の観点から言うと、所縁とは「作意」の事で、意識の上で特別な造作をする事であり、個人のそれぞれ異なる所縁に基づいて、定に入るのである。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄にてご一報頂くか、

または<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<陳居士「修心与神通」中国語→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>