wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~181-2

止行者は、先にどれか一つのジャーナを証悟した後、それによって心清浄に到達する。

彼が更に進んで、見清浄の修行をしたいと思うとき、先に、非想非非想定を除く、それ以外のどれか一種類のジャーナに入らなければならない。

定から出た後、尋、伺等の禅支、及び禅心に相応するすべての心所を観照する。

それらの個別の特徴、作用、現状、近因に基づいて、それらを識別しなければならない。

彼が、これらの心所を照見できるのは、彼がすでに五禅支を識別しているからである。

次に、彼は、これらの名法が依存する所の心所依処色を照見し、心所依処色が依存する四大を照見し、また、そこに存在するその他の何種類かの所造色も、照見しなければならない。

同じようにして、彼は、それらの個別的な特徴、作用、現状と近因を識別しなければならない。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(問2-7、つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄にてご一報頂くか、

または<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>