wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-194

問4-11:

有る時、座禅・瞑想していて、心内の思いがきわめて迅速に生じ、かつ滅するのを察知することができました。しかし、その思いが善であるか、悪であるかを見極めることができませんでした。これは、どのような心法に属しますか?

答4-11:

あなた自身が、それを善であるか、悪であるかを知ることができないのであれば、私がそれを知る方法とてない。

このような智慧は、いまだ非常に浅薄なものだ。少なくとも、あなたは、名業処に至るまでの修行をし、かつ究極の名法を識別する事。その時、あなたは、心と心所を理解することができる。

問4-12:

南伝の経論の中には、菩薩道について、難行道と易行道の区別について書かれたものがありますか?もしあるのでしたら、その違いはどのようなものですか?

答4-12:

南伝の経論には、そのような記載は、ない。しかし、南伝の経論の中には、三種類の菩薩についての記載はある。

慧菩薩、信者菩薩、精進菩薩である。

慧菩薩は、四阿僧祇劫と10万大劫の時間を使って波羅蜜を円満成就する。

信者菩薩は、八阿僧祇劫と10万大劫の時間を使って波羅蜜を円満成就する。

精進菩薩は、16阿僧祇劫と10万大劫の時間を使って波羅蜜を円満成就する。

問4-13:

南伝の経論の中に、どのように発願し、修行すれば、兜率天に生まれて、弥勒菩薩の所で聞法し、修行することができるのか、龍華三会の時に弥勒仏の前で授記を受けることができるのか、という事に関する記載はありますか?

答4-13:

南伝の経論の中には、このような記載はない。

もし、あなたが未来の弥勒仏から授記を得たいのであれば、あなたは彼に会うとき、人として生まれ、男である、という授記に相応しい、八項目の条件を具備する必要がある。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄にてご一報頂くか、

または<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>