wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-197

      <問答五>

問5-1:

仏陀と上首(=上席)弟子が般涅槃する時、初禅から非想非非想処定を修して、次にその逆順に初禅まで戻り、また第四禅まで修して後、般涅槃した、というのは本当でしょうか?

仏陀と阿羅漢は、般涅槃したあと、もう(+二度と)後有を受けない訳ですが、それなのになぜ、順・逆の順序で八定を修したあと、第四禅で般涅槃したのでしょうか?

答5-1:

マハーモッガラーナ尊者が般涅槃した方法は、私は確定することができない。

しかし、仏陀とシャーリプトラ尊者は、確実に、上述の方式で般涅槃した。それは、彼らの本性であって、それゆえに彼らはそうしたのである。

彼らの第四禅は、唯作性(純粋な作用性)のジャーナであって、未来における、いかなる生命をも生み出すことはない。

問5-2:

生理的な理由によって安般念ができない人で、白遍を修習したい人は、どのように修行すればよいですか?詳細な方法を教えて下さい。

答5-2:

彼は、どのような白い物でもよいので、その白色を専注の対象にして、白遍の修行をすることができる。

たとえば、彼は、(+托鉢用の)鉢の蓋を白い布でくるみ、白い色の円形を作る。その後に、適当な場所に座り、目を見開いて、その白色に専注する。数分後、目を閉じて、心中に、同じ白色の円形が生起するかどうか、試してみる。もし、目を閉じても、その白い円形を見ることができるならば、ジャーナに至るまで、その白い円形に一心に専注する。

もう一つの方法は、先に案般念または四大分別観を修習し、その後、32身分を修習する。

修行者は、一たび、骨格または頭蓋骨を鮮明に照見できるようになったなら、骨格の白色、または頭蓋骨の白色に専注して、白遍の修行をすることができる。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄にてご一報頂くか、

または<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>