wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-208

問6-13:

初果ソータパナを証悟した聖者は、結婚して子供を産んだりしますか?

答6-13:

はい。

例えば、毘舎去、給孤独長者等、仏陀の時代、Kosala の国には7000万人の人口があったが、その中の500万人は聖者を証していたものの、

彼らの大部分は妻をめとっていた。

問6-14:

慈心観の修行を成就すると11種類の利益があります。しかし、ある人が、慈心観を修行しても、慈心禅を証することができない時、それでも彼には利益がありますか?

答6-14:

はい(+それはありえる)。

《清浄道論》の中に、一つの物語が語られている:一頭の母牛が、子牛に授乳している最中、狩人が彼女に槍を突き刺したが、槍は彼女の体に入り込むことはなかった、という。

この時、彼女が持っていたのは普通の慈愛にすぎない。

もし、あなたが慈心観を修行して、慈心禅に到達することができないとしても、慈心観を修行した善業は、今生の人間社会の中で善報として結実するし、来世の天界において、果報になる。

問6-15:

《アビダンマ論Abhidhammattha Saṅgaha》

では、ただ四梵住(brahmavihāra)を修するだけでは、何等の道も果も証することができないといいます。

このことについて、禅師、ご説明下さい。

答6-15:それは、四梵住は、ジャーナを生じさせるだけであるからである:

慈梵住を修行すると第三禅に到達することができる。悲梵住、喜梵住の修行もまた、第三禅に到達することができる。捨梵住は、第四禅しか証しえない。

人がただ、これらのジャーナを修するだけで、観禅を修しないのであれば、彼らは涅槃を証悟することはできない。死後、彼らは、梵天界に生まれることになる。観禅のみが、人をして、涅槃を証悟させ、涅槃を知見させることができる。

もし彼らが、四梵住のジャーナを基礎にして、名・色及びそれらの因を照見することができ、

かつ、名色及びそれらの無常・苦・無我を照見することができるならば、彼らは涅槃に到達し、涅槃を知見し、涅槃を証悟することができる。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>