wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵のひとやすみ~へぼい詩一つ

    <虹の戦争>

昔、谷の合間に湖を持つ国があった

そこでは毎日、虹が立った

彼らは七色に光る虹を見ながら

幸せを感じていたが

ある時、隣の国では

光に色はない と言っているのを

聞いたので

本当のことを知りたいと思いなし

寝食を忘れて 洞窟にこもった

 

光に色はない 

と思っていた隣の国の人々は

湖の国の人々が 

光は七色でできていると言うのを聞いて

本当のことを知りたいと思いなし

寝食を忘れて 洞窟にこもった

 

ある時 湖の国の子供と

色の無い国の子供が出会ったら

二人手をつないで

千と一つの色を持つ薔薇にキスをした