wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~211-3

《法句経》316及び317の偈で、仏陀は言う:

恥を感じなくてよいときに恥を感じ、

恥を感じなければならないときに

恥を感じない。

このような邪見を持つ人は、

悪趣に堕ちる。

危険でないものに危険を感じ、

危険なものに危険を感じない。

このような邪見を持つ人は、

悪趣に堕ちる。

仏陀のいう上記の言葉は、現代社会においても、真実の反映である。

たとえば、多くの貧困者は、己の貧困に対して恥を感じ、豊かな人は、己の財産に驕慢を覚える;人を引き付ける事のできない醜悪な風貌の人は、恥を感じ、美しい人は、己の美貌に対して驕慢になる。

しかし、金銭と美貌は、恥であるか、恥でないかの(+判断の)要素となるであろうか?

絶対に、否である。

誰であっても、人徳が良好で善い者は、貧困とか醜悪を理由に、恥を感じる必要はない。

反対に、道徳のない人は、その人が非常に富んでいるとか、美貌であるとかであっても、なんら驕慢になってよい理由はない。

このことを明確にして後、自己に対して不断に、己が行おうとしている事柄が、善であるか、不善であるかを検討するべきである。

そして、ただ善業をのみ行うという状況の下で、人は、その他の衆生対して、初めて、いかなる脅威もなくなるが、これがすなわち、無畏施である。

そして(+その実践者は)、善業の善報を得ることができるのである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(211-4につづく)

★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>