wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~211-6

この経では、仏陀はまた別の例を出して、愚人が悪道の中で、どのように長期的な苦しみを受けるのか、を説明している。

彼は言う:

「ある一人の人が、大海にくびきを投げ入れたとして・・・(中略)・・・盲目の亀は、その頭をくびきに入れるまでどれくらいの時間がかかるだろうか?」

「世尊、非常に長い時間がかかります」

「比丘たちよ。私は、盲目の亀がその頭をくびきに入れるまでの時間は、愚人が悪道に堕ちてから、再び人間界に戻ってくるより短い、と言う。どうしてか?

というのも、悪道においては、修すべき法がなく、修すべき善がなく、造るべき善がなく、造るべき福がない。

悪道で盛んなのは、お互いに殺戮することと、弱肉強食だけである。

長い時間を経て、その愚人が人間界に戻ったとして、彼は低賎の家、たとえば、奴隷、漁師、竹職人、車夫、またはゴミ拾いの家に生まれる。

その家は、赤貧洗うがごとくで、食糧は少なく、生活は困苦で、衣服は少々しかない。彼は醜悪で、見にくく、奇形で、多病で、盲目で、手足に障害があり、または中風であったりする。彼は食べ物、飲み物、衣服、車、花、香り、薬、ベッド、住む場所と光を得られない。

彼は身口意の悪業をなす。これらの悪業をなして、彼は身体が分解されて死亡した後、悪道、苦趣に堕ちるか、地獄に落ちることさえある。

比丘たちよ。もし、一人の博徒が、一回目(+の賭けからすでに負けて)から子供、妻とすべての財産を失い、己自身も奴隷になったとしても、この種の不幸は大したことがない。

これよりなお不幸なのは、愚人が身口意の悪業をなし、身体が分解して死後、悪道、苦趣に入るか、地獄にさえ落ちるであろうことである。

これが、愚人の最も愚かな境涯である。」

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>