wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~211-11

故に、もし真正に、己自身を大切にするのであれば、あなた方は、仏陀の認めた方法で実践しなければならない。それは《法句経》偈157に書かれている:

もし人が、己自身を愛惜することを

目指すのであるならば、

己自身を、しっかりと守らなければならない。

三夜の内のどの段階においても、

智者は(邪悪に対して)警覚(=警戒と覚醒)を

保持するべきである。

ここでいう三夜とは、生命の三つの段階のことである。

こうしたことから、もし、己自身に幸せを齎したいと思うならば、あなた方は、善を修しなければならない。もし他者に幸福を齎したいと願うならば、あなた方はまた、善を修しなければならない。あなた方は、布施を修して、布施を必要としている人に布施する事(+を学びなさい)。

このように実践すれば、たとえば、他人と己に対して利益を齎すことができる。

布施はあなた方にどのような利益を齎すだろうか?

《中部・小業分別経》の中で、仏陀はこのように言う:

「ここにおいて、学生、またある男性または女性が食べ物、飲み物、衣服、乗り物、花、香り、薬、寝床、住まいと灯りを沙門または婆羅門に布施をする。彼がこの種の業を実践するが故に、身体が分解して死ぬとき、彼は善趣に生まれ変わるか、または、天界に生まれることさえある。もし、彼が天界に生まれず、人間界に戻って(+人間として)生まれた時は、どこに生まれ出ようとも、彼はいつも裕福である。」

しかし、仏陀は、持戒清浄の人についてのみ、このように言っているのである。

というのも、仏陀は《中部》の中で、以下のように言う:

「比丘たちよ。戒行清浄なる者の願いは、己の清浄なる戒によって、実現される」と。

こうしたことから、(+私は)あなた方に、五戒をしっかりと守らなければならない、と言うのである。また、あなた方が、この基本的な五戒を守るならば、あなた方は、(+戒の)それぞれが持つ善報を受け取ることになる。

第一条の不殺生を例にとると、仏陀は《小業分別経》の中で以下のように述べている:

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(211-12につづく)

★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>