wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)~212-14

一、願わくばこの善き人に、危害がありませんように(ayaṁ sappuriso avero hotu);

二、願わくばこの善き人に、精神的苦痛がありませんように(ayaṁ sappuriso abyāpajjo hotu);

三、願わくばこの善き人に、身体的苦痛がありませんように(ayaṁ sappuriso anīgho hotu);

四、願わくばこの善き人が、健康で楽しくありますように(ayaṁ sappuriso sukhiattānaṁ pariharatu)。

 

以上の四種類の形式によって、その人に、3回または4回、慈愛を散布する。

(+方法としては)あなたが最も好む方式を一種類選ぶ。たとえば、「願わくばこの善き人に危害がありませんように」であるとすると、その人が危害から逃れている映像を目標として、以下のような意念をもって、彼に慈愛を散布する。

すなわち、「願わくばこの善き人に、危害がありませんように」「願わくばこの善き人に、危害がありませんように・・・」このように、何度も繰りかえす。

あなたの心が非常に静かになって、かつ、安定的に目標に専注することができた時、禅支を識別できるかどうか、チャレンジしてみる。

もし、可能であるならば、この修行を継続して、初禅、第二禅、第三禅と実践していく。

引き続き、その他の三種類の方式を用いて、各種類ごとに慈愛を育成し、すべての種類において、第三禅まで到達できるように修行する。

あなたにとって、あなたの敬愛する同性の人に向かって、この修行が成功したならば、もう一人別の、敬愛する同性の人に対して、同様の方法で修行をする。

だいたい10人くらいの、あなたが敬愛する同性の人に、このように修行して、その中の誰に対しても、第三禅に到達できるように、する。

その後、あなたは、同様の方式で、その他の三種類の人に対して慈愛の修習をする;

すなわち、非常に親愛なる人、中立的で愛憎のない人及び敵。

あなたは、あなた自身、親愛なる人、中立的で愛憎のない人、及び敵に対して、その慈愛は、平等であるように、修習しなければならない。

こうすれば、あなたは、異なる人間への限界を突破したのだ、と言える。

あなたは、このことができる様になって初めて、次に、一切の衆生を慈愛の修習の対象とする修行へと、進むことができる。

この修行にかかる時間は、32身分の修習とそれほど変わらない。

あなたは、慈愛を拡散する一切の衆生の範囲を徐々に拡大して、最後には無辺なる世界へと至るべきであるし、この修行を通して、第三禅に到達するようにも、しなければならない。

この時、あなたの慈愛は、無量慈心と呼ばれる。

ここで話した止禅のほか、あなたは、その他の禅業処も修行することができる。

強力で力のある定力を獲得した後、あなたは、究極の名色法を知見することができ、次には、観禅を修行することができる。

これこそが真正の、至楽の涅槃へと趣く道である。

今夜の法話は、ここまでとする。

一切の衆生が幸福で、楽しくあるように祈願する。

(+ )(= )訳者。句読等点原文ママ。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」1999年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>