wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~2-8

ある時には、息は非常に微弱になる。禅の修行者は、(+この時)息が察知できない、と思う。

実際は、息は依然として存在しており、停止している訳ではない。

ただ、心に細やかさがない事と、正念がはっきりしない為に、息を察知できないでいるだけである。

この時、慌てないで、静かな心で息が元々出現していた場所において(+心を)、引き続き安住させ、内心において、息はずっと、そこを通っている事を知っていればよい。

心身をリラックスさせて、心において、気づきを保持する。このようにすれば、微細な息を察知する助けになる。

落ち着いて、忍耐強く、注意深く待っていれば、時には有り、時にはなくなるような微細な息を、徐々に体感するようになる。

このような微細な息を覚知する事は、定力を深めるのに、非常に大きな力となる。ゆえに、それを覚知する習慣を、徐々にでも、育成しなければならない。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(2-9につづく)

★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>