wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」~択法覚支番外編

先日、読者の方から<「顕正法蔵」2-11>

の文中、択法覚支の説明の段落中に

書かれている『善き巧みな方法』とは何か?

というご質問を、頂きました。

細かく解説しますと、以下の通りです:

安般念を実践している時、息の四大の特徴、

すなわち、息の中の、地・水・火・風の

特徴を見ないで、息全体に専注する事。

息と皮膚の接触点を見ないこと(付帯的に、

微かに、知っているだけ、ならよい)。

接触点の感受(=痒い、痛いなど)を見ない事。

息が、色々な状態に変化していくのを

知っている事(知るよう努力する事)。

時には有り、時には無いような、微弱な息に

気が付いている事(気が付くよう、サティを

強める事)、などです。

                    Pañña-adhika Sayalay