wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-5

4、中道

仏陀は続けて言います:

「この二種類の極端を避けて、如来は中道を実践する。この中道は、徹見(=徹底的な知見)、真知(=真実なる知見)を引き起こし、寂静、勝智、正覚、涅槃へと向かう」

「中道」と呼ばれるのは、それが、二種類の極端な行為を避けているからである。

ここでいう「徹見」(cakkhu眼)は、四聖諦を見通す慧眼の事である;

「真知」(ñāṇa智)は、四聖諦を理解し悟る智慧の事である;

「寂静」(upasama)は、一切の煩悩が余すことなく滅尽する事である;

「勝智」(abhiññāṇa)は、四聖諦を理解し悟る智慧の事である;

「正覚」(sambodha)は、四聖諦を知り、理解する聖道智である。

「涅槃」(Nibbāna)は、生死輪廻の束縛から永遠に解脱する事であり、究極的な楽である。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-6につづく)

★訳者コメント:下線訳者。原文に誤植あり、訂正済み。

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>