読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-6

4-1、軛孔経

ここで、私は《相応部・軛孔経》(Saṁyutta Nikāya、Chiggaḷayuga Sutta)の中の経文を一部分引用して、四聖諦の重要性を説明したいと思う。

この経の中で、仏陀は言う:

「比丘たちよ。もし、ある人が、真ん中に穴の開いた軛を大海の中に放り込んだとして、そして、海の中に一匹の盲目の海亀がいるとして、そのカメが百年毎に一度だけ海面に浮かび上がるとする。比丘たちよ。あなた方はどう思うか?あの、百年に一度だけ海面に浮び上がる盲目の海亀は、その頭を、真ん中に穴の開いた軛に突っ込むことがあるだろうか?」

「世尊、もし、その海亀がそのようにするならば可能ではありますが、しかし、非常に長い時間が掛かります。」

「その、百年毎に一回だけ海面に浮かび上がる盲目の海亀が、真ん中に穴の開いた軛に頭を突っ込むのに必要な時間は、愚かな人が、悪道に堕ちた後、再び人間界に生まれ変わる時間より、なお短い。どうしてか?比丘たちよ。悪道における行為は、仏法の導きがなく、正しい行為がなく、善行がなく、徳行がなないが故に。

そこにおいて常に見られるのは、相互の殺戮と、弱肉強食である。

どのようにしてか?

比丘たちよ。

その理由とは、彼らが四聖諦を知らないからである。

四聖諦とは何か?

それはすなわち、苦聖諦、苦の集の聖諦、苦の滅の聖諦と苦の滅に至る道聖諦である。

ゆえに、比丘たちよ。

『これは苦である』と知ることに努力しなければならない;

『これは苦の原因である』と知ることに努力しなければならない;

『これは苦の止滅である』と知ることに努力しなければならない;

『これは苦の滅に至る道である』と知ることに努力しなければならない。」

ここから、(+我々は)知ることができる。

もし、悪道に堕ちる事を避けたいと思うのであれば、四聖諦を知らなければならない。

中道とは、四聖諦を知り、涅槃を証悟するための徹見、真知、正覚を獲得する唯一の道なのである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-7につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>