読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-13

 5-2、苦集聖諦

経文は、第二項の聖諦を、以下のように解説する:

「比丘たちよ。これが苦集聖諦である;

それは生まれ変わりを齎す貪愛であり、四方に愛楽を探し求めるが、それはすなわち、欲愛、有愛及び非有愛である。

比丘たちよ。これが苦集聖諦である。」

この経文の中で、仏陀は貪愛は集諦であると、教えている。

《増支部・立処経》(Aṅguttara Nikāya、Tiṭṭhāyatana Sutta)の中で、仏陀は縁起を集諦であると教え示している。

私は、当該の経の一部分を引用して、苦集聖諦について解説する:

「比丘たちよ。苦集聖諦とは何か?

無明の縁により行があり、

行の縁により識があり、

識の縁により名色があり、

名色の縁により六処があり、

六処の縁により触があり、

触の縁により受があり、

受の縁により愛があり、

愛の縁により取があり、

取の縁により有があり、

有の縁により生があり、

生の縁により老い、

死、愁、悲、苦、憂、悩がある。

一切の苦の蘊は、このように生起する。」

このように、無明(avijjā)、愛(taṇhā)、取(upādāna)、行(saṅkhāra)と業(+または有、有業とも、kamma)は、皆、集諦である。

簡単に言えば、一切の不善業と、生まれ変わりを齎す善業は、みな集諦である。

《分別論・諦分別》(Sacca Vibhaṅga)の中で、仏陀は五種類の方式で、集諦を解説している:

1、貪愛(taṇhā)は集諦である;

2、10種類の煩悩(貪、瞋恚、痴、驕慢、邪見、疑、昏沈、浮つき、無慙、無愧)は集諦である;

3、一切の不善法は集諦である;

4、一切の不善法及び生まれ変わりを齎す三つの善根(無貪、無瞋、無痴)は集諦である;

5、一切の不善法と生まれ変わりを齎す善法、または一切の不善業と生まれ変わりを齎す善業は、みな集諦である。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-14につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>