wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオセヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4‐30

7-4 彼は正念をもって息を吸い、正念をもって息を吐く

「彼は正念をもって息を吸い、正念をもって息を吐く」とは、彼が呼吸する時、正念を捨てない事を言う。

正念は非常に重要である。

正念の意味は、(+所縁を)はっきりと覚えていて、忘れない事、である。

もし、あなたが、鼻孔の下端または人中を通過する呼吸をはっきりと覚えていて、持続的に忘れる事がないならば、正念はますます強くなる。

正念が強い時、定力は高まる。

定力が相当のレベルまで高まった時、あなたは禅相を見ることができる。

もし、あなたが禅相を安定的に見る事について、それを持続する事が出来るならば、あなたは初禅から第四禅までを、証悟することができる。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-31につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>