読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵より~パオ森林僧院日本道場の説明責任

 12月23日に神戸で知人に会う予定があるため、私が所属するパオ森林寺院(注1)に関する新しい情報を収集しようとして、<パオ森林僧院-Wikipedia>を検索してみました所、そこには(11月に書かれたと思われる)以下のような、驚くべき告知が・・・。

《日本(+のパオについて)

2013年9月より、(中略)、パオ・セヤドーからパオ森林僧院日本道場設立と、パオ瞑想システム普及の命を受けて帰国した日本人僧マハーカルナーによって・・・、(中略)、2016年11月時点での公式サイトの名称がかつての「パオ森林僧院日本道場」から「マハーカルナー法友会」に変更され、同時にパオ・セヤドーやパオ森林僧院に関する記述もすべて削除されている、云々。》

 

私はマハーカルナー禅師には、緬甸でお会いした事はありません。修行期間がずれていたでしょうし、私はモーラミャインの本山にいましたしたから、主にメミョーで修行されたマハーカルナー禅師には、緬甸でお会いする事は一度もありませんでした。

マハーカルナー禅師が日本へ帰国された直後の頃、私は、パオ森林寺院での、二度目の出家希望を実現するための諸条件を、どのようにクリアーすればよいか悩んでいましたので、東京に出向いて、禅師に教えを乞い、また福岡で一度お会いしたことがありますが、禅師は主に東京で説法をされており、私は九州在住の為、それほど交流がある訳ではありません。

しかし、もし上記のWikipediaの解説が真実であるならば、禅師は、パオ日本道場の建立の放棄ないしは却下、パオ・セヤドーの瞑想システムまたはパオ・メソッドの伝承の放棄と却下について、広く、公平に、告知するべきだと思います。

私自身は、僧侶の説く仏法が正しいものであれば、僧侶がどこに住し、どこの寺院に所属しているかは、問題にしなくてもよい、と思っています(台湾でも集団生活より独居が良いと思う僧侶は、所属のお寺を出て独立し、自分で<精舎>を持って生活しています)。

しかし、マハーカルナー禅師が帰国後に始められた宗教活動が、パオ森林僧院日本道場(の設立)とパオ瞑想システムの普及を旗印にしていたのは周知の事実ですから、それを取り下げる時には、その正当な理由を、内外人士に、しっかりと説明する責任があるのではないでしょうか?

Wikipediaの書き換えが先で、現実的な対応はこれからされるというのであれば、一度でも法話会に集まったことがある方々が納得する形の、マハーカルナー禅師またはマハーカルナー法友会による、真摯な回答、説明責任の全うを、お待ちしています。

(注1)私は現在、パオ森林寺院ヤンゴン分院にて出家したsayalayとして、日本において<是誰庵>という名の精舎で、独居にて暮らしています。テラワーダの出家比丘とsayalay(尼僧に相当)は互いに独立した存在で、お互いに過剰な干渉は許されませんが、パオ森林寺院で修行し、

パオ所属の出家者であると公言して帰国した方々は、パオ森林寺院の名誉を守る最低限の義務はあると、考えます。