wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-39

(処の)成立は念(sati):念は、(処の)成立(upaṭṭhāna)ともいえる。というのも、それは(禅の修行の)目標、たとえば息または禅相に注意、注目するのであり、かつ、そこに安住するのであるから。

ここにおいて、いわゆる処(upaṭṭhāna)とは、念の作意を意味する。念は、安定的な方向へ変化し、決定的に成立し、打ち建てられる。

観は智(ñāṇa):静かな態度で以て、禅相を観ずるのは、智である。

智でもって究極名色法を観ずるのも智である。

ここにおいて、究極名色法は以下のように分類される:

1、入息と出息の身(=全体)

2、色身

3、名身

入息と出息の身(=全体)及び色身は色法である。

心と心に相応する心所は名法である。

智でもって逐一、名色法を名色法として観照するのは、智である。

身は(処の)成立:ここにおいて、いわゆる処(upaṭṭhāna)とは、念を造作させるところの目標を指す。

身とは、念に運用させるところの処所(=場所)である。

この種の身(三種類の身)があり、それに近づき、それを目標として、それに安住するする念があるが故に、それをば「成立(=打ち建てる事」(upaṭṭhāna)という。

「身は成立」という、このいくつかの文字は、入息と出息の身(=全体)を含むだけでなく、色身と名身をも含んでいる。というのも、すべての、この三種類の方面において、上述の「智でもって観照する」ことが必要とされているからである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-40につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>