Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)4-11

名色と、名色の因を知った後に、それらは、皆、無常・苦・無我であることを、観照しなければならない。

心身を含む、世間のあらゆる現象は、永久でも恒常でもなく、すべては刹那刹那に生滅、変化していて、これを ”無常” と言う。

万物は、すべて、生滅の憂き目にあうのであって、それを ”苦(=不円満)” と言う。

無常であり、苦であるが故に、その中に ”自我”とか、”霊魂” とか、”実体” とか、”本質” とかと呼ばれるものはなく、故に、”無我” である、という。

このような、無常・苦・無我の智慧を通して一切の世間の状況、己自身の心身、他人の心身を含め、また、過去、現在、未来を問わず、すべては無常・苦・無我であると、観照するのである。

このような観智を通して、徹底して観照するならば、彼の観智が熟する時、煩悩を断じて、一切の苦から解脱することができる。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-12につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<無憂比丘著「南伝仏教キホンのキ」中国語→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>