Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)4-13

このように、持戒を通して、一番最初の、最も粗雑な違犯性煩悩を、断つことができる。

定の修習を通して、困惑性煩悩を取り除くことができ、慧の修習によって、潜在性煩悩を取り除くことができる。

すべての煩悩は、戒・定・慧を育成することを通して、断じ、取り除くことができる。

仏教を学び、修行する目的は、煩悩を断ずることであり、煩悩を断ずる方法とは、戒・定・慧の三学に他ならない。

戒・定・慧は、仏教の最も基本的な、かつ重要な修方法である。これらを離れて、他に修行というものがある訳はない。

みなさんが煩悩を取り除きたいと思っているのであれば、戒・定・慧を育成しなければならない。この三要件を育成するのは、とりたてて困難ということはないが、ただただ、みなさんが実際に、実践するかどうか、実践を長期間持続できるかどうか、だけにかかっている。

勿論、在家者にとって、家庭があり、仕事があり、社会的責任もあるため、修行という方面において、出家者より高度なものを要求されるのは無理である。

出家者に関しては、品徳については、大衆の教師であるべきであり、持戒清浄でなければならない;(+心が)平安というレベルとしては、ジャーナを証悟しなければならない;智慧のレベルとしては、観智を修得しなければならない。

在家者は、(+出家者の修行のような)プロのようなレベルでは、できないけれども、少なくとも、アマチュアのレベルには到達するべきである!

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-14につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<無憂比丘著「南伝仏教キホンのキ」中国語→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>