Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)5-10

たとえば、あなたが誰かの言動に対して怒っているとして、それは、あなたが、その人の言動を気にしているからであって、その時、あなたの心は、その人の言動の罠にかかっているのである。もし、あなたが、あなたの心を、彼の言動から引き離し、己自身の心を顧みることができたならば、あなたは発見するに違いない:怒りとは、己の心を、相手の言動の上に、きつく縛り付けて置いたが故に生じた(+心理的な)現象、であることを。

その上、怒りの心は、(+彼の言動と同じく)醜悪であり、彼の言動より上品である、という事もない。

心を外縁から引き離し、<今ここ>の心・身の状態に気が付いている事、これが正念正知である!

もし、あなたが、正念正知の育成の仕方を掌握したならば、あなた修行することができる。

修行することのできる人とは、生真面目に、ひたすら、座禅堂の座蒲の上に座っているだけのものではない。

真諦の修行方法を掌握した人は、歩く時、立っている時、座っている時、服を着る時、食事する時、水を飲む時、お手洗いに行く時でさえも、あらゆる場所に、その時々が、修行なのである。

心をして、<今ここ>の心身の状態に安住せしめる事、これが正念正知であり、これこそが修行なのである!

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-11につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<無憂比丘著「南伝仏教キホンのキ」中国語→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>