読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

★「目の中の塵」(翻訳文)1-1

第一章 調教師

仏陀の時代に、ある一人の有名な馬の調教師がいて、名を凱希と言った。

ある日、彼は仏陀に言った。

彼が馬を調教する時、四種類の異なる調教の方式がある。

第一番目は、馬に(+教えたい内容を)ただ告げるだけで、その後、足を使って命令すると、馬は、聞き分けて、服従する。

二番目の馬は、鞭を持ち出して、見せなければならないが、使用するには、及ばない。

三番目の馬は、調教師は鞭を振り上げ、馬に(+無理やり)言うことを聞かせる。

しかし、この三種類の方法を用いてもなお、調教に失敗する馬がいて、完全に利用価値がなく、故に、馬は殺されてしまう。

彼は、仏陀はどのような意見を持っているか、聞いてみたい、と言った。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(1-2につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<ケーマ尼著「目の中の塵」中国語→日本語

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>