wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)1-3

この「掌中の葉」という<法>は、一体どういうものであろうか?

この「掌中の葉」の<法>とは、四聖諦の事である。

ただ四聖諦のみが、正しく厭離、離貪、滅尽、寂静、勝智、正覚、涅槃へと導くことのできる<法>なのである。

世尊は、布施、持戒、生天、感官の享受の禍、出離の殊勝性などの、その他色々な、善で巧みな法門を説明したけれども、しかし、すべての善で巧みな法門は皆、この究極の解脱法門ーー止観禅法に向かうためのものである。

四聖諦は諸仏不共(特有のもの)なる殊勝な教法で、八聖道は、四聖諦の中に含まれる。

四聖諦を実践する方法とはすなわち、止観の修行である。言い換えれば、「掌中の葉」の<法>とは、まさに止観禅法のことなのである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(1-4につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>