Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-6

8-3 息の全身(=全体)

ある種の禅修行者にとって、禅相は、この段階で出現する可能性がある・・・もし、あなたが毎回の坐禅において、長時間、定力を保持できるならば。

しかし、もし、毎回の座禅の時に、長い、また短い息を、静かに、一時間ほど、専注することができ、かつそれを何日も続ける事ができるのに、それでも禅相が出現しないのであれば、あなたは、次の段階に進むべきである。

彼はかくの如く訓練する:

『私は(息の)全身(=全体)を知覚しながら、息を吸う。』

彼はかくの如く訓練する:

『私は(息の)全身(=全体)を覚知しながら、息を吐く。』

ここで、仏陀は、あなたに同一地点の上を経過する、息の始まりから終わりまでを、持続的に知覚するように教えている(全息;息の全身、全体;息の始め、途中、最後)。

あなたが、このように修行する時、禅相が出現する可能性がある。

もしそのようであれば、あなたは注意力を、急いで禅相に移してはならず、引き続き息を覚知し続ける事。

もし、同一地点において、毎回の呼吸毎の、最初から最後までの息を、静かに、約一時間ほど、知覚することができても、なお、禅相が出現しないならば、あなたは、次の段階に進むべきである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-7につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>