wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-9

8-4-1 相続(anubandhanā)

相続とは、息を数える数息をやめた後、正念を不断に持続して、入息と出息に付いていくことをいう。

今一度、安般念でもって、定力を育成する四つの段階について、注意を払ってもらいたい。

1.長い息。

2.短い息。

3.全息。

4.微息(=微細な息)。

みなさんは、三つの段階は、一つに纏まることを、理解する必要がある、

たとえば、長い息、全息、微細な息を同時に専注する時など、である。

これは、あなたの呼吸の時間が長い時、また息が微細な時、あなたは、同一地点において、そこを通る息の始まりから終わりまでの、微細な長い息(すなわち、微細であり、長い息であり、かつ全息であるもの)を覚知する、という事を意味している。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-10につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>