wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-16

8-5-1 安般念禅相とは何か

安般念禅相とは何か?

あなたの定力が十分に強いとき、呼吸は禅相に変化する。

呼吸は、心生色聚から構成されており、その中の一粒ごとの色聚の中には、少なくとも9種類の色法が含まれている、すなわち、地界、水界、火界、風界、色彩、香、味、食素、音、である。定力が強いとき、色聚の中の色彩も非常に明るくなる。ちょうと、前述したように、これらの色聚の火界は多くの時節生色聚を生じせしめるが、それらのの中にある色彩もまた明るいものなのである。呼吸の中には、数えきれないほど無数の色聚があり、一粒の色聚の中の色彩の明るさと、その他の色聚の明るさが結合して一つになる時、光明が生じるが、このようにして生じる光明が、すなわち、禅相なのである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-17につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責Pañña-adhika Sayalay>