wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-17

8-5-2 禅相の色彩と形状に注意を払ってはならない

始めのころの禅相は不安定であるが、その時はまだ禅相に注意を払ってはならず、ただ呼吸にのみ、専注するべきである。あなたの、呼吸に専注する定力がますます深く、ますます安定するとき、禅相もまたますます安定する。

出現したばかりの禅相は、通常は灰色をしている。定力が向上すると、灰色は白色に変化し、その後に、光り輝く、透明な似相(paṭibhāga ninimitta)に変化する。禅相は、修行者の心頃または想(=思い)によって変化する:ある時、禅相は細長く、ある時は円形で、ある時は赤く、ある時は黄色になる、などなどである。あなたは禅相の色彩、形状または外観に注意を払ってはならい。そうすると、それは継続して変化し続け、あなたの定力は減退し、ジャーナに到達することができなくなる。

呼吸と禅相が結合して一つになるまで、一心に、ただ呼吸に注意を払わなければならないが、あなたの心が自動的に禅相に注意を払う時、その時には禅相に専注し、もはや呼吸に注意を払わないようにする。

ある時には禅相に注意を払い、ある時には呼吸に注意を払うようなことをすると、あなたの定力は徐々に減退する。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-18につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>