Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-18★

8-5-3 特徴に注意を払ってはならない

あなたは、呼吸または禅相の四大の特徴に、注意を払ってはならない。

すなわち、硬さ、粗さ、重さとやわらかさ、滑らかさ、軽さ、流動性と粘着性、熱さと冷たさ、支持性と推進性である。

もし、それらに注意を向けたならば、四界分別観を修行していることになり、安般念の修行にはならない。

次に、あなたは、呼吸または禅相の無常、苦または無我を観じてはならない。これらは共相と言う。

なぜこれらを観じてはいけないのか?

というのも、観禅の目標は行法であり、それはすなわち、究極名色法と、その因であるから;呼吸と禅相は、究極法ではなく、それらはいまだ密集(概念法)しており、故に、観禅の目標にはなりえない。

もし、あなたが、それらを無常・苦・無我と見做すならば、あなたはすでに、安般念を修習しているのでもないし、観禅を修習しているのでもなくなる。

もし、あなたの禅相が白色であり、また、あなたは、それに対して、継続的に専注することができるならば、それはますます白くなり、次にはますます明るくなり、それは、空にある明星のようになる。

その時、あなたの心は、自動的に、似相の中に飛び込む。

もし、あなたの心が似相の中に飛び込んだ後でも、長時間、完全に動揺することがないならば、この時の定力は、安止か、またはジャーナと呼ばれる。

初心者にとっては、この時は非常に重要な段階である、と言える。

その他の色彩(+が現れる)安般念似相についても、同様(+に理解するべき)である。

訳者コメント:下線訳者。重要な概念なので、下線を引きました。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-19につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>