読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-20

異なる人には、異なる形態の禅相が生じる。というのも、禅相は「想(=思い、以下同様)」から生じるからである。

禅相が出現する前、異なる禅修行者の異なる想によって、異なる禅相が生じる。

禅相は想から生じる・・・その根源は想である。異なる想から禅相が生じるのである。故に、それは異なる形式によって顕現するのは、想の差異を原因としているのだということを理解する必要がある。(《清浄道論》)

想の差異を原因として:禅相が生起する前に生じていた想の差異による。

これらの注釈によると、異なる禅相は、異なる想に依存して生じる。しかしながら、仏陀の教えたアビダンマ蔵のよると、想は、単独では生起できないものである。

それは、必ずや、その他の相応する名法と同時に生起する。

ここにおいて、もし、禅修行者が、愉快な心で、安般念似相に専注するならば、合計34個の名法(+があり)、そのうちには、触、思、一境性、作意、尋、伺、勝解、精進と欲が含まれる。

故に、想に差異があるだけでなく、一切の相応する名法にもまた、差異があり、非想非非想処禅(neva-saññānāsaññā yatanajhāna)は、まさにその一例である。

このジャーナと、その相応する法は、想がなく、また想がない訳ではなく・・・(+このジャーナがそのように呼ばれる)その理由は、粗い想はない、しかし、微細な想はある、ということにある。

ここにおいて、単に、想が、かくの如くであるばかりではなく、受もまた非受非非受、識は、非識非非識、触は、非触非非触である;

同様の形容法は、その他の相応する法にも適応することができる;

しかし、ここでは、想を用いて説明していることを理解する必要があるのである(《清浄道論・第10章・第50節》)。

同様に、安般念禅相もまた、想を用いて説明することを理解しなければならない。

我々は、後になって、先ほど述べた34個の名法について、開示と討論を行いたいと思う。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-21につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>