wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-25

8-5-7-7 姿勢

歩くのが己には適していると思う人もいるし、立つまたは座る、または横になるのが適している、と思う人もいる。

住む所の問題と同じく、あなたはそれぞれ、三日ほど試してみて、定のない心をして定を得させ、またはすでに定のある心に、更に定を深めることのできる姿勢(+を見つけるの)がよい。

その他の姿勢は不適切である。

あなたは、七種類の不適切な状況を避け、七種類の適切な状況を選ばねばならない。

というのも、あなたは、そのように禅相を育成することに精進するれば、あなたは、余り長い時間待たずに、安止を証得して、己の願望を実現することができるが故に。

8-6 10種類の安止の善き方法

しかしながら、上述のように修行しても、安止が得られない時、あなたは、10種類の安止の善き方法を採用しなければならない。

安止の善き方法とは、以下の10の方面から考察するのがよい:

1,使処の清潔。

2,諸根のバランス。

3,善き方法による善相の掌握。

4,心が精進するべき時の、心の精進。

5,心がコントロールを受けるべき時の、心のコントロール

6,心が励起するべき時の、心の励起。

7,心を平捨によって観ずる必要がある時、心を平捨によって観ずる。

8,定の無い人から遠く離れる。

9,定のある人と親しくする。

10,定の育成への決意。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-26につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>