読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~5-26

8-6-1 使処清浄

使処清浄とは、内部と外部を清浄に保つ、という意味である。

あなたの頭髪、爪また体毛が長いとき、また体中が汗まみれの時、これを内部不清浄、という。

古くて悪臭を放つ袈裟を着ていたり、住まいが汚い時、これを外部不清浄、という。

この時、心と心所に相応して生起する智もまた不清浄で、それは、まるで、不清浄なランプのホヤ、ランプの芯、油によって生じた灯火のようである。

諸行ーー究極名色法及びそれらの因ーーは、不浄なる智でそれらを観察しようとする人に、明確に顕現することがない。

あなたがあなたの業処において、このように、禅修行に尽力する時、たとえば、安般念など、それは成長しないし、向上もしないし、円満成就することもない。

しかしながら、内部と外部が清浄である時、心と心所に相応して生起する智もまた清浄であり、それは、たとえば、清浄なランプのホヤ、ランプの芯、及び油によって生じた灯火のようである。

諸行ーー究極名色法およびそれらの因ーーは、清浄なる智によってそれらを観察する人に、顕現する。

もし、あなたがあなたの業処において、このように禅修行に尽力する時、たとえば、安般念など、それは成長し、向上し、かつ円満に成就する。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-27につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>