wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)1-18

定の特徴、作用、顕現、近因

問題三:定の特徴、作用、顕現、近因とは何か?

回答三:定の特徴は「不散乱(散乱しない事)」、作用は「散乱の除去」、顕現は「不動揺(動揺しない事)」、近因は「楽しい」。《清浄道論・第三品》

止禅を修行して、定力を育成しようとしている人にとって、上記の文言は、非常に奥深い陳述である。

(一)「不散乱」、

(二)「散乱の除去」、

(三)「不動揺」、(四)「楽しい」。

この四つの項目は、詳細に考察されなければならない。

その中で、「楽しい」というこの項目が主導する近因は、最も重要である。

上記の記述を理解する為に、非常に忙しい企業家を想像してみたい。

一日中忙しかったので、彼は非常に疲れている。しかし、一時間半後には、非常に重要な会議が彼を待っている。

今、彼はすべての仕事を手放し、呼吸念(または安般念という)の修行をする。

20分後に彼は入定した。

彼の秘書が門の前に来て、扉をノックしようとしたとき、秘書は彼が坐して動かないのを見た。

これが定の顕現「不動揺」である;

この時、彼の心には「不散乱」の特徴が顕現しており、彼の証得した定には「散乱を除去する」作用がある。

しかし、これらの一切を生じせしめる近因(直接原因)は、「楽しい」である。

この楽しさの来源・ソースは、善くて巧みな方法によって、呼吸を体験することによって生じたものである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(1-19につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>