wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵のひとやすみ~サヤレーのドン引き多世界解釈

実は、私、物理は、まったくダメなのです。

高校の時の「物理」のテストは、いつも一夜漬けの丸暗記で、点数は50点前後、赤点でしたね。

熱と運動の関係とか言われても、さ~っぱり。

お茶を飲みたい時に、お湯が湧けばそれでいいじゃん、な~~んて。そんな訳ないか(笑)。

前振りはともかく、今『量子力学が語る世界像(多世界解釈)』を読んでいるのですが、難しい!!(元々、基礎が出来ていないのに、分かるはずない!?)。

でも、238ページの『「実在」は人間の意識の外にある』と言うのは、分かる気がしますね(直観です)。

老荘思想で言う「道(真理)は語れない」とか、イスラム教の「何事もアッラーのおぼしめし」とか、これらは、人知の外にあるものの存在を暗示している訳で。

物質は波でできていて、宇宙の最初(ビックバンor虚数時間)から、物質は波として広がって来ているから、(波の性質から勘案して)もう一人の自分(or多数の自分)が、もう一つ別の世界にいても不思議ではない、というのが(私が理解した所の)多世界解釈ですが、ちょっとワクワクしますね。

ゴータマ仏陀は、これ、分かっていて言わなかったのでしょうか?それとも経典を探せば、どこかに載っているのでしょうか?

知っていたとしても、言わなかったのでしょうね、多分。

仏陀は「四聖諦と関係ない事は、私は教えない」と、比丘たちに宣言していますからね。