読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)1-31

正定と邪定の見分け方

正定と邪定を見分けるには、瞑想・静坐の後に得られる結果から、判断することができる。

何ほどかの時間をかけて、順序良く訓練された後、あなたは、ある程度の定を、経験することができるようになった。

この時、以下の事に注意を払わなければならない;すなわち:

(一)あなたは、すでに粗い五蓋を取り除いたが、しかし、微細な五蓋が生起した時、あなたは、それを察知することができない可能性がある。

(二)定の修習において、あなたは、楽しさを感じるかも知れない。しかし、楽しさは二種類ある:すなわち、善なる楽しさ(執着のない楽しさ)と、不善なる楽しさ(執着が伴う)である。

(三)非常に重要な事は、第一級の修行者が定の修習をする時、「今、私の心の中に、五蓋があるか?ないか?」「私には今、正定があるか?」と検査したり、分析したりしない、という事。

というのも、これらの分析と検査は、彼らの定力を削減・減退させるから。

故に、この段階において、最もよい方法は:

一回ごとの定の修習の後に、己自身の状態を検査し、そのことを通して、先ほど入定した所の定は、正定であるかどうかを、判定するのがよい。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(1-32につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>