wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「顕正法眼」(翻訳文)~5-35

念の特徴は、不動揺(=動揺しない事)で、言い換えれば、目標(たとえば、安般禅相または究極法)に対して、それを見失わない、という事でもある。

論師の解説では、念とは、心を目標に安定させることであり、それはちょうど、石が水の中に沈んでいくようなもので、ひょうたんが水に浮いて漂うのとは反対である、と言う。

念は、心をして、四念処や、その他の、証悟へと導く善法から離れ、漂わないようにする。

念のもう一つの特徴は、「獲得」または「手にする」(upagaṇhanā)で、言い換えれば、有用でかつ有益な法を、獲得することを意味する。

(+念が)生起する時、念は、その法が有益であるか、無益であるかを子細に検査する:

「これらは有益なる法である、あれらは無益な法である、これらの方は有用で、あれらの方は役に立たない」と。

その後に、(+念は)無益な法を取り除き、有益な法を手にする。

念の作用は、目標(たとえば、安般禅相)に対して、迷わない、または忘れない、である。

その現起(=現象)は、守護または心が目標(たとえば、安般禅相)に向かい、対応している状態である。

その近因(=直接原因)は、強くて力のある想(thirasaññā)、または四念処である。

それは、安定的に、目標の上に建立された門柱であると見做されるか、または、根門を守り、煩悩(心の傷つき)を退ける守衛であると、見做すべきである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-36につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>