読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)1-37

(四)先に述べた段階(No1-36)が、更に発展して成熟する時、修行者は、予備定の最高潮に到達する。この段階になると、ある程度の長い時間、自然に目標を覚知することができ、何等の干渉を受けなくなる。

通常、この段階では、(+心の)境地はますます微細になる。

我々の心がますます熟練する時、それは、思索することなく作用する。

心は、直覚的に、修行の目標を覚知する。

というのも、この段階での目標は、すでに微細になりすぎていて、粗い心念(=心の働き)では、それを覚知する事はできないからである。

ちょうど、何かの球技をやっている時、相当程度のレベルに到達している場合、あなたは思索することなく、球を打つことができる;

反対に、あなたは思索するやいなや、球は却って、打てなくなってしまうのである。

故に、知っておかねばならないのは、あなたが目標を直覚的に覚知するならば、あなたは正しい道を歩いている、という事である。

この段階を「成熟した予備定の段階」と言い、最終的には、近行定にまで発展する(+ことができる。)

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(1-38につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>