読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「顕正法眼」(翻訳文)~5-38

目標への専注、という作用を持つ ekaggatā は、通常、一境性または、定と訳される。

一たび「定」と聞くと、我々は、一境性は止禅の中にしかない、と思いがちである。

がしかし、事実はそうではない。

止禅の修習をする時、一境性が進歩を提供する(+という風に考える)のは正しいが、しかし、それは止禅に限った事ではない。

一境性は、一切の心に随伴している。

ただ、異なった心理に伴って、その性質が異なってしまうだけである。

不善心に伴う一境性は、邪定(micchā-samādhi)と言い、善心に伴う一境性は正定(sammā-samādhi)と言う。

定は、一境性心所の、もう一つ別の呼び名なのである。

邪定と正定は、共に一境性心所であるが、しかし、それらの性質は異なっている。

正定は、正確、または善なる方式で、目標に専注する事、である。

定には多くのレベルがある。たとえば、初禅定、第二禅定など等である。

《法聚論》(Dammasangaṇi)の注釈である《殊勝義註》は、正定に属する一境性を、以下のように説明している。

この定は、名を一境性と言う。

己自身が散乱しない、または相応する名法を散乱させないという特徴を擁する;

ちょうど、水が、洗濯石鹸を練り合わせて糊状のするように、具生の法を結合させる作用がある。

その現起(=現象)は、心または智の静寂である。

というのも、(経の中で言う):「(心の)定まった者は、真実なる法を如実知見する」からでる。

通常、それの近因は楽(sukha)である。

我々は、心の安定・静寂とは、無風の下での、灯火のように安定していることであることを、理解しなければならない。

正定は五禅支の一つである:

止禅において禅支を育成するのは、五蓋を鎮伏して、ジャーナを証得する為である。

ジャーナを証得しようとするならば、尋(vitakha)、伺(vicāra)、喜(pĪti)、楽(sukha)及び定(samādhi、すなわち、一境性)を、必ず、育成しなければならない。

すべての禅支は、業処(たとえば、安般念)を修習することによって、心が軽安を獲得するのを支援する。

観禅における正定もまた、存在する。

我々が知っている通り、《特殊義註》で言われる一境性心所または、定の二番目の現起(=現象)は、智でり、真実の法を如実に知見することであり、それはすなわち、智慧である。

智慧でもって、究極名法または究極色法を如実に知見する時、正定は、まさに己の任務を遂行しているのである。

例をあげれば、智慧でもって、究極名色法及びそれらの因の無常、因の苦または、因の無我の本質を如実知見する時、正定は、正確な方式でもって、同一の、一個の目標に専注する。

正定が、涅槃の出世間慧(正見)を伴う時、それは、涅槃に専注する。

その時、正定は、出世間八聖道分のその中の一道分になるのである。

(+ )(= )(下線)訳者。句読点等原文ママ。(5-39につづく)

Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu。 

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>