Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー講述「顕正法眼」(翻訳文)~5-39

8-6-2-5 慧(paññā)

アビダンマにおいて、慧(paññā)、智(ñāṇa)と無痴(amoha)という、この三種類は、同義語である。

ある時は、慧は、慧根(paññindriya)と言われる。

慧は、如実に、究極法を知る:心、心所、色法と涅槃を。

ここにおいて、それを根と呼ぶのは、究極法を如実に知るためには、それが最も、重要であるからである。

慧は、多くの種類があり、また、多くのレベルがある。

善法の利益を知り、不善法の欠点を知る智慧、また、生命の短さを思惟し後、それによって生じる智慧など等。

たとえ、仏法を聞いたことがなくても、これらの智慧は、生起することがある。

仏法を学習した後、究極名色法及びそれらの諸因(すなわち、業報の法則)を、理論的に理解する智慧。

智慧が向上すると、究極名色法、業報の法則、または縁起を、直接見通す、智慧が生じる。究極法を直接見通す智慧は、最高のレベルまで、育成することができる。

それはすなわち、順序良く涅槃を証悟することと、一切の煩悩を滅する、聖道の智慧である。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-40につづく)

Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu。 

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>